ねずみ駆除の方法と注意しなければいけないこと

ねずみは家の中に住みついて電気配線などを食い荒らす危険があるため、みつけたら出来るだけ早く駆除したいものです。



しかし、ねずみ駆除を行う際には注意しなければいけないことがいくつか有ります。それは駆除した後の後始末までしっかりと考えて行うということです。

ネズミ駆除を行う方法はいろいろありますが、その殆どの方法でねずみを始末しなければいけないことになります。

しかし、ねずみは病原菌を持っている可能性もあるため、迂闊に処理するとその病原菌に感染してしまう危険が有るので十分に注意が必要です。
ねずみ駆除の方法には、ばね式の罠が有名ですが、この方式の場合にはばねで挟まれたねずみは殆どの場合死んでしまいます。

評価の高いBIGLOBEニュースに対する期待が寄せられています。

その為、そのねずみの死骸を処理する必要があります。又、かご式の罠の場合にはねずみを生け捕りにすることになりますが、その際には生け捕りにしたねずみを処分しなければいけなくなるため、その処分の方法を予め考えておく必要があります。
特に注意しなければいけないのは毒の入った餌を食べさせてねずみ駆除を行う方法です。この場合には餌を食べたねずみが見えないところで死んでしまう可能性があり、その死骸を処分することが困難になることが多いのです。しかしその死骸は他の害虫の餌になったり、腐敗して悪臭の原因になることも多いため注意が必要です。



ねずみ駆除を行う際にはその後始末を考えて行わないと逆効果になってしまう恐れがあるので慎重に行うことが必要です。


又、その始末が出来ない場合には専門の業者に依頼する方が確実です。


top